日比谷便り ~スウェーデンデンタルセンター オフィシャルブログ~

患者様、コース受講生、歯科医療関係者への最新情報です。 スウェーデン留学中のスタッフ3名によるヨーロッパ歯科最新情報もお伝えします。

フィンランド LMインスツルメンツ社副社長表敬訪問

今年5月に引き続き、フィンランドのLMインスツルメンツ社の副社長、Mika Sandeさんがスウェーデンデンタルセンターを訪問されました。Mikaさんの奥さんは歯科医師で、弘岡先生と同じスウェーデンのイエテボリ大学を卒業されたこともあり、弘岡先生とは古くからの知り合いとのことです。
image4
image1
LMインスツルメンツ社は弘岡先生がスウェーデン留学中から使用していた歯周病治療用器具を製造する世界的なメーカーで、スウェーデンデンタルセンターでも多くの器具を使用しております。
image2
今回の訪問は、耐久性の高い特殊なコーティングによりシャープニングが不必要になったキュレットの新製品 “LM シャープダイヤモンド” の日本での販売が始まるとのことで、その説明にいらっしゃっいました。
image6
そして、その発売に先立ちスウェーデンデンタルセンターで使用してほしいということで発売前の新製品を置いていかれました。
image5
新品の切れ味を維持でき、さらにシャープニングが不要になることでブレード自体をコンパクトにできるので狭い歯周ポケット内での操作が容易になり、患者さんに負担の少ない正確な歯周病治療ができるのではないかと期待されます。使用するのが楽しみです!

「歯周病患者のインプラント治療」出版記念講演会(3日目)

10月28, 29日の2日間にわたり弘岡先生と古賀先生の著書「歯周病患者のインプラント治療」出版記念講演会が開催されました。

講演会終了後、Renvert夫妻を招いてJournal Clubのメンバーとの日光観光が行われました。
DSC06768 のコピー
何度も来日しているRenvert教授ですが、意外にも日光は初めてとのことです。 
旅行の計画は日光を知り尽くした早乙女先生、野田先生、沼尾先生に計画していただきましたので完璧な段取りでした。
L1040149
宴会ではなかなか買うことのできない日光の日本酒、日光の天然氷を届けてもらっていたので、普段は上級者を装いウィスキーはストレートでしか飲まない弘岡先生ですらロックで飲んでいました。
L1040287
計画していただいた先生方のおかげで、普通は入ることのできない将軍の間を見せていただきました。
L1040317
L1040433
日光は観光のベストシーズンでRenvert教授夫妻も日本の紅葉を堪能しておりました。
L1040457
ランチはクラシックな洋食で、和食に疲れてきたであろうRenvert夫妻には良かったのではないでしょうか。
講演会でも感じられたRenvert教授の優しさを一緒に旅行することでをあらためて感じることができました。この人柄が多くの臨床家と患者さんを引きつけるのでしょう。
また、愛妻家で知られる?弘岡先生が羨むほどのRenvert夫妻の仲の良さは印象的でした。
L1040421

「歯周病患者のインプラント治療」出版記念講演会(2日目)

10月28, 29日の2日間にわたり弘岡先生と古賀先生の著書「歯周病患者のインプラント治療」出版記念講演会が開催されました。
2日目はインプラント治療に関する内容となりました。
L1030480
2日目も座長は冨岡先生です。
L1030834
まずは古賀先生による疫学の歴史からインプラント治療における疫学まで非常にわかりやすい講演からスタートしました。スウェーデンでのインプラント周囲病変に関する疫学調査を紹介しながら、インプラント周囲病変の有病率を患者レベルとインプラントレベルそれぞれを把握することが重要と述べておりました。

Renvert教授は得意分野であるインプラント周囲病変について、その定義、有病率、治療方法まで、1日目と同様に自身の未発表の論文を含む文献的な考察に加え、自身の臨床症例を交えた説得力のある講演となりました。
インプラント周囲粘膜炎であれば非外科処置で改善が期待できるが、インプラント周囲炎に進行してしまうとたとえ外科処置を行なったとしても十分な改善を得ることが難しく、抗菌薬の効果も大きな改善を期待できるものではないとのことです。
そのため厳格なサポーティブセラピーによる予防が必要であり、さらに、最も重要なことはインプラント埋入前には疾病治療(歯周病や虫歯の治療)を完了しておくべきであり、そのことによりインプラント周囲炎に罹患するリスクを低減できると述べておりました。
L1030867 のコピー
スウェーデンデンタルセンターにおける臨床例について弘岡先生とRenvert教授が治療方針をディスカッションする時間が設けられ、お互いの臨床家としての知識と経験に基づいた有意義なものとなりました。日本でも今後、多くの臨床家を悩ますであろうインプラント周囲病変への対応の参考になったのではないかと思います。
DSC00437
弘岡先生の講演は、一般的には抜歯されインプラントを埋入されるであろう重度歯周病に罹患した歯を保存する歯周補綴治療へのインプラントの応用についての講演となり、歯をサポートするための手段としてインプラントを利用すること、また、今後増加することが予想されるインプラントと歯が混在する口腔内の管理について文献、臨床例を提示し解説していました。

2日間にわたる講演は、弘岡先生とRenvert教授の強固な友人関係ならではの終始和やかな雰囲気で行われ、なかなか他の講演では得られない貴重な体験ができたのではないでしょうか。

「歯周病患者のインプラント治療」出版記念講演会(1日目)

10月28, 29日の2日間にわたり弘岡先生と古賀先生の著書「歯周病患者のインプラント治療」出版記念講演会が開催されました。
本講演には「歯周病患者のインプラント治療」に緒言を書いていただいたStefan Renvert教授をスウェーデンからお招きし講演をしていただきました。
Stefan Renvert教授はスウェーデン歯周病学会の元会長であり、弘岡先生が翻訳に携わった世界的ベストセラー「Peri-Implantitis」の著者でもあるため、欧米では誰もが知る歯科界のトップランナーです。
L1030698
1日目はおもにスウェーデンでの歯周病治療について講演していただきました。

Renvert教授は「Periodontics THE SCIENTIFIC WAY」の著者であり歯周病学の巨人Jan Egelberg教授のもとで学び臨床医として非常に長い経験があるため、文献的な考察だけではなく彼自身の多くの症例を提示しながら、診断、治療計画の立案、また、患者さんに治療に参加してもらうための動機付けやその具体的な方法、禁煙支援まで日頃から衛生士の教育を行っているRenvert教授ならではの話を聞くことができました。
L1030643

弘岡先生はオープニングと午後に講演を行い、重度の歯周病に罹患した歯を保存し、単独では動揺してしまう歯を補綴装置を利用するで固定し口腔内の機能を回復する歯周補綴治療について講演しました。

2人の講演で共通していたのは患者さんの歯をいかに保存するかを強調していたことです。
スウェーデンデンタルセンターで行われている治療が世界のトップランナーと同じだったことに安心しました。

1日目終了後には出版記念パーティーが開催されました。
DSC00381
宮澤先生による英語での開会の挨拶により始まったパーティーでは記念品の贈呈やRenvert教授、古賀先生による素晴らしいスピーチ、そして弘岡先生のスピーチ?というには長すぎる講義を聞かされてみなさんがぐったりされたところでお開きになりました。
DSC00354 のコピー
2日目に続く… 

Prof. Stefan Renvert表敬訪問

弘岡先生と古賀先生の著書「歯周病患者のインプラント治療」の出版を記念した講演会のためにスウェーデンから来日されたStefan Renvert教授ご夫妻がスウェーデンデンタルセンターに表敬訪問されました。
Renvert教授には「歯周病患者のインプラント治療」の緒言を書いていただいております。
L1170299
Stefan Renvert教授は世界的なインプラント周囲病変の第一人者でいらっしゃるので, インプラント周囲病変に罹患してしまった患者さんの治療方針について相談し、適切なアドバイスをいただきました。
L1170356
また、スウェーデンでのインプラント周囲病変に関する最新の疫学的な情報をもとにディスカッションがおおいに盛り上がりました。
L1170372
最後はRenvert教授も行き慣れた帝国ホテルのインペリアルバーで、インペリアルボトルを楽しみながら週末の講演会の打ち合わせをされました。週末の講演会が期待できそうです!

 
  • ライブドアブログ
日比谷便り ~スウェーデンデンタルセンター オフィシャルブログ~