日比谷便り ~スウェーデンデンタルセンター オフィシャルブログ~

患者様、コース受講生、歯科医療関係者への最新情報です。

東北大学共催:弘岡秀明 歯周インプラント補綴実習コース(第4回)

東北大学共催:弘岡秀明 歯周インプラント補綴実習コースの第1期が終了しました。
IMG_0478
初日は、東北大学の実習室にて講義と実習を行いました。
重度歯周病により大臼歯の分岐部を越えて骨を喪失してしまった場合、その多くは抜歯されてしまいます。しかし、歯根を分割したり、状態の悪い歯根だけ除去し、磨ける状態にすることで歯の保存が可能になることがあります。
IMG_0431
午前中は、そのための科学的な根拠に基づく講義と、それを実践するために必要なhow-toを学ぶ実習でした。午後は、東北大学の菅野教授による短縮歯列の講義、クロスアーチブリッジの試適からセットまでの講義と実習と初日から盛りだくさんになってしまいました。
IMG_0433
初日の夜にはロイヤルパークホテルにて卒業式が行われ、サーティフィケートの授与と記念撮影を、二次会はホテルのバーを貸切り、さらに三次会からは弘岡先生の泊まる広大なロイヤルスイートルームで延々と続きました…
IMG_0477
2日目はスウェーデンデンタル仙台の講義室にて、スウェーデンデンタルセンターでの数多くの歯周補綴の長期症例を供覧しながら、長いメインテナンス期間に起こるトラブルへの対処方法やリカバリー方法まで、日常的に歯周補綴治療を行い、補綴後も長期にわたって患者さんと良好な関係を維持し、メインテナンスに通っていただいている医院でしか成し得ない講義となりました。
L1080663
昨年9月から4回に及んだ、重度歯周病に罹患した歯を残すための科学的な根拠とhow-to、インプラントまで学べる、東北大学公認コースに参加していただいた受講生皆様、そしてクロスアーチブリッジを製作してくれた技工士の皆様、お疲れ様でした。
第2期も受講生を募集開始いたしましたので、興味がある方はご連絡ください!
  • Posted by sweden_dc
  • 10:10 | Edit

やっと出ました!Revert教授との連名で“Diagnosis of Periimplant Disease

スクリーンショット 2019-05-12 14.17.46
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30807404

 昨年
514-15日、スイス・チューリッヒにおいて国際歯科連盟(FDI)主催で国際口腔インプラント学会(ICOI)の協力のもと、インプラント周囲病変について各国から20名ほどの専門医が招聘され、ワークショップ(Peri-Implant Diseases Project Workshop)が開かれました。
 Group3
Working group 3 の面々、左からHirooka, Renvert, Wang, Kelekis-Cholakis


 現在では、インプラントは広く普及して一般的なものとなり、インプラントを行わない歯科医師のもとにもインプラント周囲病変の患者さんが訪れる時代になっています。
2015年の欧州歯周病学会(EFP)のコンセンサスレポートによるとインプラント周囲粘膜炎の有病率は43%、インプラント周囲炎は22%と報告されています。ひとたびインプラント周囲炎になると、現在のところ確定した治療方法は見つかっていないゆえに予防がキーです。

Room fo rG3-2
 そこで広くインプラント周囲病変(診断から、治療、メインテナンスまで)について専門医はもちろん、一般臨床医、歯科技工士、歯科衛生士、そして患者さんにも理解してもらうために
FDIの声かけのもとワークショップが開かれたわけです。

IMG_3892のコピー
FDI, ICOI: Peri-Implant diseases Project Workshopに招聘された面々

 この時の会議の
position paper (review paper)ICOIImplant Dentistryに出版されました(April 2019 - Volume 28 - Issue 2  https://journals.lww.com/implantdent/pages/currenttoc.aspx)。まるまる1冊インプラント周囲病変(診断から、治療、メインテナンスまで)について最新の情報が、一般医にもわかりやすくまとめられていますので、是非参考にして下さい。
 私の担当が、S. Revert教授との連名で “Diagnosis of Periimplant Disease”https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30807404です。米国歯周病学会(AAP)とEFPでの分類は、歯周病やインプラントに携わる専門家を対象としたものですが、FDIの要望で一般医にも理解しやすく書いたつもりです。
 先日FDIの学術誌 “International Dental Journal” (IDJ)からacceptがきたので近々この時のコンセンサスレポート(whitepaper)が出る予定です。楽しみにしていて下さい。
Peri-Implant Diseases Project Workshop. Diagnosis and non-surgical treatment of peri-implant diseases and maintenance care of patients with dental implants .Consensus report of working group 3.
Renvert, Hirooka, Polyzois, Kelekis-Cholakis, Wang

 

  • Posted by sweden_dc
  • Comment(0)
  • 17:40 | Edit

東北大学共催:弘岡秀明 歯周インプラント補綴コース(第3回)

春を感じ始めた3月9、10日に歯周インプラント補綴コースの第3回が開催されました。

本コースは東北大学との共催であるため、第3回となる今回は、東北大学歯学研究科大学院の研究科長・学部長でいらっしゃる佐々木啓一教授による講義が行われました。
IMG_9712
佐々木教授は補綴科の教授であり、日本補綴歯科学会はもちろん、多くの学会の会長を歴任してきた方です。本コースも補綴治療の実習がメインであるため、歯周補綴治療とも関連する、歯科治療における力学の話をしていただきました。
IMG_9708
大学教授ならではのご自身の教室での研究内容、東北大学という日本有数の総合大学であることを利用した工学部との共同研究や、海外の大学とのコラボレーションによる最先端機器による研究の紹介まで、歯科だけでは到底成し得ない工学的な知見からもたらされる研究結果を講義していただきました。今後、これらの工学のエキスパートからの歯科へのフィードバックが得られ、インプラントにおける力学的な適正埋入本数の決定や、補綴治療における適正な上部構造のデザインなど、臨床応用が期待されます。
IMG_9713
ランチョンセミナーでは東北大学の菅野教授による、歯科治療における、特に骨代謝などへの全身的なアプローチについて講義していただきました。歯科医師は口腔内にのみ目を向けがちになってしまいがちですが、全身的な状況に目を向ける視野の広さも大切なことがわかりやすく解説されていました。
IMG_8025
実習も佳境を迎え、咬合採得とプロビジョナルの調整という全顎的な補綴治療における重要なステップであったため、集中力を必要とする繊細な実習となりました。

次回は最終回です。いよいよ完成となりますので、どのような物が仕上がるか楽しみです。
  • Posted by sweden_dc
  • Comment(0)
  • 12:32 | Edit

東北大学共催:弘岡秀明 歯周インプラント補綴コース(第2回)

歯周インプラント補綴コースの第2回が開催されました。
IMG_8475
第2回はインプラントの埋入と印象採得の講義と実習、そして補綴処置においては補綴装置(被せ物、義歯、インプラント上部構造など)のクオリティーも重要であるため、普段からスウェーデンデンタルセンターでの補綴装置の作製をしてもらっている歯科技工士にも講義をを行ってもらいました。

本コースで使用するインプラントは、世界最大の歯科材料メーカーであるデンツプライシロナ社のアストラシステムです。アストラインプラントと弘岡先生の関係は長く、弘岡先生がスウェーデン・イエテボリ大学留学時代にアストラインプラント開発に携わっており、帰国後から現在にいたるまで20年以上にわたり使用しています。
本コースはデンツプライシロナ社の協賛であるためデンツプライシロナ社からの新システムの説明もありました。その後、東北大学の実習室をお借りして、マネキンを使いインプラントの埋入実習が行われました。
IMG_8330
第2回は技工士の講義があるため、受講生の先生方の何名かは普段一緒に仕事をしている技工士とともに受講されました。
重度の歯周病に罹患した動揺する歯への補綴処置は複雑で難易度が高いのですが、さらに本コースではインプラントも絡むため、より複雑になっております。 それは歯科医師だけでなく歯科技工士にも共有してもらう必要があるのです。技工士であっても普段なかなか見ることのないできない繊細な職人芸に刺激を受けたのではないでしょうか。

次回も引き続き複雑な技工セクションが続きます。担当してくれる技工士と上手く連携をとり実習を円滑に進めていきましょう。そして手の込んだ技工セクションに触れることで担当してくれる技工士に感謝しましょう!
  • Posted by sweden_dc
  • 17:43 | Edit

東北大学共催:弘岡秀明 歯周インプラント補綴コース

9月から、弘岡先生による待望の、歯周インプラント補綴コースが始まりました。
CIMG2063
東北大学歯学部正門前

このコースは、20年以上継続している歯周病学コースとは異なり、歯周補綴及びインプラントの実習を軸としたコースであるため、実習施設を完備する仙台の東北大学歯学部を使用しています。
開業医が国立大学とコラボレーションしてのセミナーはまれで、本コースは東北大学大学院歯学研究科の施設を使用するだけではなく、共催である東北大学の教授陣の講義も組み込まれています。
L1070473
東北大学歯学部実習室

歯周補綴治療というのは、従来であれば抜歯になってしまうような重度歯周病に罹患した歯を、適切な歯周治療により歯周病の進行を止めた後、歯の周囲の組織を喪失してしまい単独では咬み合わせの力に耐えられなくなってしまった残存少数歯を土台とし、補綴装置(ブリッジ)により連結固定することで咀嚼機能、審美性を回復する治療方法です。
コースの目的である歯周インプラント補綴治療とは、さらに残存歯が少なく天然歯のみでは力に耐えられないケースで、インプラントのサポートにより機能を回復する治療方法です。歯周病に罹患した歯を抜いてインプラントを埋入するのではなく、歯周治療により残した歯を長く口腔内に維持するためにインプラントを利用するのです。 
CIMG2108
東北大学歯学部講義室

残存歯が少なくなると、歯周病の治療が成功し病気を治せたとしても、補綴処置ができないと歯を残すことができません。歯を残すためには歯周病の治療のみならず、補綴処置を正確に行える知識と技術が要求されます。動揺が残る少数歯に行う補綴処置には、通常の補綴処置とは異なる多くのノウハウが必要となります。
CIMG1947
スウェーデンデンタル仙台3F講義室

記念すべき第1回は、歯周補綴治療の歴史的背景から、実際に歯を削る実習まで実際の症例を提示しながら行われました。スウェーデン留学時代から、多くの歯周補綴治療を行なっている弘岡先生の知識と経験に基づくコースは、理論とノウハウをバランス良く学ぶことが出来るように構成しております。

仙台での開催にも関わらず、大阪、富山、静岡など、全国から受講生が参加されていることからも、歯周補綴治療に対する関心の高さが伺われました。 
  • Posted by sweden_dc
  • 10:07 | Edit
  • ライブドアブログ
日比谷便り ~スウェーデンデンタルセンター オフィシャルブログ~