日比谷便り ~スウェーデンデンタルセンター オフィシャルブログ~

患者様、コース受講生、歯科医療関係者への最新情報です。 スウェーデン留学中のスタッフ3名によるヨーロッパ歯科最新情報もお伝えします。

Dr.Serinoといざ、栃木へ

2012年7月 Dr.Serinoといざ、栃木へ

講演会も大成功に終わり、空手は習っていたが来日は初めてのSerino先生とそのご家族とSTP(弘岡先生の指導のもと、歯周病専門医を目指すグループ)の方々と栃木旅行に行きました。
Serino先生の講演会の熱気が残っているのか、行きの電車の中では症例検討会のようなものが繰り広げられていました。これは最早旅行というより合宿のようです。
栃木で開業されている先生方の計算され尽くしたツアーによりSerino Family はとても喜んでくださりました。息子さんの
Andreaが旅館の押し入れにある布団をみて、ここで寝るの!?って驚いてました。
P1050064
見ざる、言わざる、聞かざるを真似するSerino Family。それにしても、Serino先生、夏休みが6週間もあるとはうらやましい。

Dr.Serino 講演会


2012年7月 Dr.Serino 講演会

2日間にわけて行われた講演会はどちらも満席でした。Serino先生は実にいろいろなお話を聞かせてくれました。
IMG_0687
とても物腰の柔らかい人で、話し方も丁寧でした。それにしてもすごい人数ですね。

特に印象的だったのは、Swedenでは様々な治療方法に対して専門医が点数をつけ、WEB上で公開しているということでした。医療の質の底上げがなされれば、多くの患者に還元されその恩恵は個人の努力をはるかに超えることだと思います。弘岡先生も今回の講演会をはじめ、多くの活動は啓蒙が目的だとよく話していますが、多くの歯科医師を育て導くことはより多くの患者を救うことになるのだと改めて気づかされました。しかし、日本も負けてはいません。今度Medical tribuneの歯科部門がネット上に講義や討論をアップして一般公開するようで、早速今回のDr.Serinoと弘岡先生の討論会がネット上で公開されるようです。いまや自宅にいながら最先端の治療に関しての意見が聞ける時代なんですね。
IMG_0323
お二人はイエテボリ時代の同級生。昔話も聞かせていただけました。

Dr.Serino 来日


2012年7月 Dr.Serino 来日

 今でこそ話題となってやまないインプラント周囲炎ですが、実は弘岡先生はSweden留学当時よりその存在を知り危惧していたそうです。でも、帰国当初、インプラント周囲炎の危険性に関して啓蒙活動をしても、なかなか話を聞いてもらえなかったとか。それもそのはず、そもそもインプラント治療自体あまり知られていない時代ですから。

 しかし、その後インプラント治療は普及し、それにともなってインプラント周囲炎の問題も取りざたされるようになってきました。当然インプラント治療が日本よりもずっと早くから行われていたSwedenではすでにこの問題の解決にとりかかっていました。

 そこで、Swedenの歯周病専門医であり、弘岡先生の同級生でもあるSerino Giovanni先生にその実情を聞いてみようと講演会を企画し、招待状を送っていたのですが、そのSerino先生が遂に来日されたのです  。 

P1030640
右下から牧野先生、弘岡先生、Serino先生、佐藤先生、、左上より七五三さん(歯科技工士)河端さん(衛生士)加藤さん(衛生士)
当院にこられて弘岡先生と昔話にいそしんだのもつかの間、すぐに佐藤先生のケースプレゼンテーションが始まりました。しかも、直前に決まったのですが、このプレゼンテーションが佐藤先生がSwedenのSpecialist Clinicに留学できるか判断する試験となる、と突然のプレッシ
ャー。いきなり人生の岐路に立たされてしまった佐藤先生でしたが、堂々と英語でプレゼンテーションし、見事Swedenへの切符を手に入れたのでした。
IMG_0217
プレゼンが終わってホッとしている佐藤先生。お疲れさまでした。


  • ライブドアブログ
日比谷便り ~スウェーデンデンタルセンター オフィシャルブログ~