日比谷便り ~スウェーデンデンタルセンター オフィシャルブログ~

患者様、コース受講生、歯科医療関係者への最新情報です。

弘岡秀明歯周病学コース2013 スタート!!

本日より弘岡秀明歯周病学コースが開催致しました。
本年度は問い合わせも多く、受講人数も例年より多いです。
しかし、これでも何人かお受けできず、お断りさせていただいているぐらいです。
IMG_1507
会場にところ狭しと受講生の先生達が座っています。
今回の内容はIntroduction, Biology, Examinationの講義に加え、資料採得の実技指導等がありました。
弘岡先生は絶好調だった様に思います。
IMG_1566
口腔内写真の実技指導。”カメラのヒデ”こと弘岡先生のレクチャー
IMG_1576
本当に資料採得は大切です。いかに規格して必要な範囲を取るのか
人数が多い事は受講される先生方にとってもポジティブな事は多いです。
ひとつには、自分の気づかなかった質問をしてくれる先生がいるからです。 
昔聞いた実験で、1羽の鷹(だったかしら?)に狩りをさせる時、獲物に集団の鳩(30羽くらい?)を用意した場合と、1羽の鳩(いやそもそも兎だったかな?)を用意した場合の狩りの成功率を調べると獲物が1羽だった時の方が鷹の狩りの成功率が高かったそうです。…小学生のときの生物の授業で聞いた話しなので曖昧ですが、結論は確かだったと思います。数が多い分、動きづらく、1羽くらい逃遅れるのもいそうですが、実際には集団で過ごす事によりお互いの死角を補いあっていたという事です。つまり、単独で行動するよりも集団として1つになる事で、お互いを補い、より個々の生存率を高め合って生きているのです。(…それにしてもこれだけ曖昧な事をかいていると、この記事は削除される可能性が高いですね。)
受講生の先生方の目が、耳が、優れた頭脳が、専門分野が多ければ、結果的に集団の理解をより深める事が出来るに違いありません。
そして弘岡先生は今まで何百人もの受講生の前で講義をしてきています。それだけ多くの人々に見てもらい、議論し、向上して来た、この講義はやはりすごいです。聞けば聞くほどすごいと感じます。ぜひ、それを感じ取っていただければと思います。
P1070172
入学式。実に楽しそうですね…何を話しているんでしょう?
まだ、コースも始まったばかりで、お互いの事や弘岡先生の事もわからない事は多いかと思いますが、入学式や食事、休み時間など、積極的に話しかけ、議論しやすい雰囲気作りが出来ればと思います。
講義中、質問がしづらければ、休憩中でも弘岡先生に話しかけてみて下さい。とても話し好きなので、聞いてない事までたくさん教えてくれると思います!
まだ弘岡先生に話しかけづらかったら、スタッフでもいいので声をかけてみて下さい。弘岡先生との間に入って話しをするくらい、スタッフであれば誰でも出来ます。
早く打ち解ける事が、よりコースを充実させる秘訣かと思いますし、個人で得しようと思うより、全員で成長しようとした方が不思議とうまくいく様に思います。

これから1年間、よろしくお願い致します! 

Comment

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

  • ライブドアブログ
日比谷便り ~スウェーデンデンタルセンター オフィシャルブログ~