日比谷便り ~スウェーデンデンタルセンター オフィシャルブログ~

患者様、コース受講生、歯科医療関係者への最新情報です。

SDC矯正医 加治初彦先生 ご講演

臨床歯周病学会に参加してきました。
私は会員ではないのですが、SDCの矯正医である加治先生のご講演とあり、みんなで駆けつけました!
P1080516
加治先生の応援に駆けつけましたが、知り合いが多いと逆にやりにくそう…にも見えなくもない。

弘岡ペリオコースでもお話しして下さるのですが、しっかりと座って聞く機会が自分にはなかったのでとても勉強になりました。

まずは人口動態のお話でした。今後の社会における人口の動き、それにともないどのような事に悩まれる患者さんが増えるのか。そこから見えてくる矯正治療という始まりです。

高齢社会になり、虫歯の数が減少し、残存歯が増えれば、歯周病の患者さんは増えてきます。そして歯周病患者の病的歯牙移動は一般的な合併症です(中等度〜重度歯周病患者の30~56%:Brunsvold JP 2005)。今後(もちろん今までもそうですが)一般診療を行う歯科医師が矯正の知識や技術を身につけていく必要性は避けられないでしょう。特に歯周病患者さんの矯正治療には、歯周病医、矯正医がお互いの分野を学んでいこうとする姿勢が欠かせません。

 P1080534
受講生の唐木先生と加治先生。時間を見つけてはケース相談を聞いてくれます。

Comment

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

  • ライブドアブログ
日比谷便り ~スウェーデンデンタルセンター オフィシャルブログ~