日比谷便り ~スウェーデンデンタルセンター オフィシャルブログ~

患者様、コース受講生、歯科医療関係者への最新情報です。

2014年度Journal Club 第1回

本日は2014年度はじめのJournal Clubがありました。
今回の内容は以下の通り:
1、Five-year results of a prospective, randomized, controlled study evaluating treatment of intra-bony defects with a natural bone mineral and GTRSculean A
2、ケースプレゼンテーション
3、The prognosis of tunnel preparations in treatment of class III furcations. A follow-up study. Hellden LB
4、Lindhe シンポジウム報告
5、弘岡先生講義

今年度も、Journal Clubは大盛況です。これだけの人数がそろうと、色んなイベントができそうなので、案もたくさんでてきます。
今年も、外部から講師を招待し、特別講演をしてもらえたらと思います。
P1100562
かなり広い部屋を貸し切っているのですが、それでもいっぱいです。

今回は再生療法。再生療法の成功の判断は難しいところです。生物学的なバックグラウンド、動物実験やランダム化された臨床試験を経て、ようやくその効果が認められるところになります。
しかし、再生しているかはおいておいて、臨床的にそれが安定して、患者さんの利益となるのなら、それも1つの治療法と言えるかと思います。
もう1つ、分岐部病変への対応は主にトンネリングに関する内容です。
分岐部に対し、トンネリングの果たす恩恵は大きいです。それは、歯内療法や補綴処置を避けることができ、さらに踏み込んだ処置、つまりリセクションや抜根という選択肢を後に残す事ができるからです。
文献には、技術的なアドバイスもあり、臨床に役立てる知識があったのではないでしょうか。
Lindheシンポジウムに関しては、 近日またブログで紹介できればと思います。
P1100596
Lindhe シンポジウム、かなり楽しかったようです。

診療後の遅い時間からのスタートにも関わらず、たくさんの人が懇親会に参加してくれました。とても嬉しい事です。しかし、これだけの人数、さすがに男だけというのもあれですね。…あれです。
P1100601
人数も増え、とてもいい感じです。ただ1つ、華がない。世間一般的に、男女の比率は1対1のように思えるが、なぜか14人全員男ばかり。統計の枠を超えた力が働いているようだ。お店も近いし、おしゃれなのになー。だれか考察お願いします!

Comment

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

  • ライブドアブログ
日比谷便り ~スウェーデンデンタルセンター オフィシャルブログ~