日比谷便り ~スウェーデンデンタルセンター オフィシャルブログ~

患者様、コース受講生、歯科医療関係者への最新情報です。

Dr.弘岡ペリオコースウェブセミナー第4回:WHITE CROSS

いよいよWHITE CROSSウェビナーも第4回となり、今回で全8回コースの半分が終わりました。

第4回の前半は歯周外科について、まずは歯周治療の歴史を、Ramfjord, Lindhe & Nymanなど巨人達の論文を、歴史的な裏話を交えながら解説しました。一通りマイルストーンたる巨人達の論文を読まれている先生方も、それらの論文の背景となる裏話は興味深かったのではないでしょうか。
その後、歯周外科処置の文献的考察をしていきましたが、平滑面においては、イエテボリのレポートからも、歯周外科処置の術式(軟組織、骨の取り扱い方)にかかわらず、歯面からバイオフィルムを取り除く事ができ、術後の歯肉縁上の感染のコントロールがともなえば、歯周組織の健康を維持できることがわかります。歯周治療において、最も大切なことは術式ではなく、術前からの患者へのモチベーションや、その術中、術後のモチベーションの維持なのかもしれません。
分岐部に関しましては、次回、第5回の講義をお待ちください!
それにしても、これら多くのスカンジナビアの研究では、被験者が長期間(10年以上)にわたりDrop outせずに、研究に参加してくれていることにも驚かされます。システマティックレビューではマスクされてしまう、この様な論文の質も注目に値します。
スクリーンショット 2021-01-29 10.33.13
講義のスライドから
左からヒトに初めて用いられたGTR法の報告をしたイエテボリマフィア、Profs. Nyman, Lindhe, Karring, Rylanderと大学院時代の弘岡先生、若い!


後半は、再生療法についての講義でした。 再生療法を、再生療法の最前線であったスウェーデンへ習いに行くことが、弘岡先生の留学の目的だったため、講義にも熱が入ります。
まずは、GTR法の成り立ちと経緯を、まさにGTR法のど真ん中であったイエテボリ大学に留学し、その隆盛を見ていた弘岡先生ならではの解説でした。GTR法のフォローアップを報告し続けるCortelliniらの論文から、再生療法後のリスクは、定期的に歯科受診しないこと、やっぱり喫煙!であることがわかります。 もともとリスクが高く病気が進行してしまった部位は、決してもとよりリスクが低くなった訳ではないことは肝に銘じなければならないのでしょう。Pini Prato, Cortelliniらの再生療法後30年のフォローアップも紹介されましたが、イタリアでこれだけの長期のフォローアップを実現していることにも、スカンジナビアの影響があるのかもしれません。
GTR法に続いては、EMD法です。エムドゲイン も、まさに弘岡先生の留学時代とリンクしており、現在の再生療法の礎が築かれた時代と言えるのかもしれません。GTR法とEMD法とのコンセプトの違いがわかりやすく解説されました。弘岡先生は世界的にもエムドゲインを使い始めたのが早いので、スウェーデンデンタルセンターでも20年以上の長期症例があります。今回の講義でも、なかなかお目にかかれない再生療法の長期症例を提示してますので、見逃した方は振り返り視聴してみてください。
今回の講義から、重度の歯周病に罹患してしまった歯を残すための先人達の努力を垣間見る事が出来ました。やはり歯医者の使命とは、口腔機能を維持するために、歯を保存するための努力を怠らないことなのかもしれません。
IMG_4583
講演前にWHITE CROSS代表の赤司先生とホテルの安物歯ブラシを持ち熱弁する弘岡先生
赤司先生は大学の後輩なので、東北大学1年の頃から知っております。ナイフの様に尖っていた時代に興味がある方はご連絡ください! 
IMG_4716のコピー
講義後、多くの質問が寄せられましたが、残念ながらすべての質問に回答する事が出来ませんでした。
2時間で歯周外科と再生療法を講義しているため、もっと聞きたい事があると思われますが、対面での講演ができる日を待ちましょう! 
  • Posted by sweden_dc
  • 21:18 | Edit

Dr.弘岡ペリオコースウェブセミナー第3回:WHITE CROSS

12/23()20時からWHITE CROSSにて第3回目となるウェブセミナーを行いました。

IMG_3661

https://www.whitecross.co.jp/events/view/1325 

3回の内容は歯周基本治療、抗菌療法についてでした。
前回の復習から始まり、歯周基本治療、抗菌薬療法についてエビデンスや20年の長期経過症例を含めて解説しました。ウェブセミナーの回数も増え、弘岡先生も慣れてきている様子で、配信前には目線の位置などのチェックを入念に行っていました。弘岡先生は慣れないウェブセミナーだが、25年間行ってきた弘岡秀明歯周病学コースのおさらいができたと話していました。

IMG_3658
講義ではプラークコントロールに必須の歯ブラシや歯磨剤の話をエビデンスを含めて解説しました。どの道具が一番ということはないので、患者さんそれぞれにあった道具を使用する必要があります。その後、SRPについて解説しました。深い歯周ポケットのある部位では非外科的に歯肉縁下の歯石を完全に除去することには限界があります。このような部位には歯周外科や抗菌薬の使用が考えられます。

歯周基本治療における抗菌薬の使用については、研究者の分野や立場によって抗菌薬使用については賛否があり、耐性菌についても問題視されているため、きちんと症例を選択して使用する必要があります。

日本国内と欧米諸国では抗菌薬の適用が異なります。日本歯周病学会から歯周病患者における抗菌薬適正使用のガイドラインが2020年12月に発行されました。こちらも参考にしてください。ちなみに弘岡先生のイエテボリ大学の学位論文は抗菌薬に関するものでした。

スクリーンショット 2020-12-25 16.47.22
弘岡秀明歯周病学コース2日分の講演内容を2時間に短くまとめているため、より深く学びたい方は弘岡秀明歯周病学コースをぜひ受講してください。
WHITE CROSS Liveウェビナーは、途中参加も可能です。振替視聴も配信されているため、見逃した方もこれまでの配信を見ることが可能です!さらに振替視聴期間内なら繰り返し見ることもできるので聞き逃しもありません!

IMG_4043
講演後WHITE CROSS本社にて23時前の尊敬してやまない先生方との疲労による引きつった笑顔の記念写真

コロナウイルスの影響で、国内外の友人に会えず寂しい思いをしている弘岡先生ですが、早くこのウイルス騒動が収束し、皆様と対面でお会いできることを祈っています。

山下

  • Posted by sweden_dc
  • 12:17 | Edit

Dr.弘岡ペリオコースウェブセミナー8回コース : WHITE CROSS

IMG_3756
11月26日(木)20時から、WHITE CROSSにてライブウェビナーを行いました。
弘岡先生は、WHITE CROSS代表の赤司先生とは、アメリカでMBA取得後、帰国されてからの付き合いで、赤司先生からの依頼で、何度かウェビナーを開催しております。オンラインで、全8回(毎月1回、8ヶ月間)にも及ぶコースを開催するのは、弘岡先生にとっても、WHITE CROSSにとっても初めてです。
https://www.whitecross.co.jp/events/view/1325 
IMG_3754
今回はその第2回です。
第2回の内容は、診査診断でした。歯周病の診査診断方法のエビデンスの解説はもちろん、スウェーデンデンタルセンターの症例での、診査診断から治療計画の立案、そして実際に行なった治療と20年を越える長期予後まで一連の流れを惜しみなく披露しました。
弘岡先生も目の前に受講生がいない状態での講義にもだいぶ慣れてきたようで、スムーズに講義は進みました。しかし、2時間の講義時間ではとても時間が足りないため、残念ながら、対面での弘岡秀明歯周病学コースと違い、エッセンスのみになってしまいます。
より深く勉強されたい方は、弘岡秀明歯周病学コースを受講してみてください!
https://sweden-dc.com/dentist/perio_course.html
IMG_3757
今回は、臨床的なパートも多かったため、受講生からの質問も多かったです。弘岡先生も気を良くしたのか、質疑応答だけでも30分以上やってしましました。
WHITE CROSS Liveウェビナーは毎回、見逃し配信を行っているため、途中からの参加でも追いつけます!まだまだ間に合います!
  • Posted by sweden_dc
  • 17:51 | Edit

Johnson & Johnsonウェビナー:スカンジナビアンアプローチによる歯周病の治療と再発防止

image1
コロナ禍により歯科業界でも対面でのセミナーが行えなくなって久しいですが、オンラインでのセミナーはすっかり定着しました。
御多分に洩れず、弘岡先生もウェビナーの依頼が増えておりますが、今回は、Johnson & Johnson社からの依頼によりライブウェビナーを行いました。Johnson & Johnson社は、誰もが知る代表的な洗口液である”リステリン”やデンタルフロスなど、口腔内のセルフケア用品を多く販売されております。
Johnson & Johnson社では、現在「口腔ケアによる健康」シリーズとして定期的な無料ウェビナーを開催されております。その一環として弘岡先生に声がかかり、シリーズの第4回を担当をしました。 
image3
歯周病の治療と再発防止をベースとしたサポーティブセラピーの重要性(スカンジナビアンアプローチによる歯周病の治療と再発防止)について、スウェーデンデンタルセンターで提供されているスカンジナビアにおいて検証されたEBMに基づく歯科医療を、長期症例を紹介しながら講演しました。
image2-2
1ヶ月かけて暴言、失言の削除、編集を行い、今後1年間Johnson & Johnson社のホームページにてオンデマンドで公開されるとのことなので、見逃した方、復習したい方は是非ご覧ください。
  • Posted by sweden_dc
  • 17:58 | Edit

ジャーナルクラブ:インプラント上部構造のエマージェンスプロファイル

2020年度3回目のジャーナルクラブを開催しました。
IMG_5245
インプラント上部構造の形態がインプラント周囲炎のリスクインジケーターになるのか?
Yiらの2020年の論文を目白で開業されている藤澤先生に抄読していただきました。
L1090588
結果は、2018年のKatafuchiらの研究と同様に、インプラント上部構造のエマージェンスアングルが30°以上であることや、凸形態であることがインプラント周囲炎のリスクインジケーターになり得るとしています。
この論文ではレントゲン写真からインプラント上部構造のエマージェンスプロファイル、エマージェンスアングルを計測し、その角度や形態とインプラント周囲炎との関連を調べています。しかし、レントゲン写真では近遠心側の計測しかできず、頬舌側の計測はできません。また、レントゲンでは軟組織辺縁が測定できないため、実際のエマージェンスプロファイルと一致しているかは不明です。
天然歯での研究では、Yotnuengnitらのように石膏模型の断面から頬舌側のエマージェンスアングルを計測しているものもあります。
この研究は、プラークコントロールの良好な患者群が対象ですが、対象インプラント自体のプラークスコアは記載されていないため、インプラント上部構造形態がプラークコントロールに影響を及ぼしたことで、インプラント周囲炎の罹患率に差が出たのかは明確ではありません。しかし、多くのインプラント周囲炎は細菌性プラークにより引き起こされる疾患であるため、上部構造には磨きやすく、また、病気を早期に発見できるようにプローブによる検査ができるような形態を付与することが重要なのではないでしょうか。
疑問点は多いですが、ディスカッションの良いネタになりました。
L1090589
Baderstenの1984年のゴールドスタンダード論文を春日部で開業されている吉田先生に抄読していただきました。
分岐部は対象にしていない研究ですが、プラークコントロールがよく、単根歯であれば、かなり深い歯周ポケットにも非外科処置で対応できる可能性や、超音波スケーラーと手用スケーラーで治癒に有意差ないこと、3mm以下の歯肉溝へのスケーリングはアタッチメントロスを引き起こすことなどを示唆した、マイルストーンたる論文です。
プラークコントロールを良くするための方法はPart Ⅰを参照しましょう。
35年前の論文ですが、現在でも原理原則は変わっていません。ただ、器具は変わっていくので注意は必要です。
弘岡先生によると、著者であるBaderstenは、あのProf. Egelbergの実の妹だそうです!
Prof. Egelbergの講義は科学的根拠に基づく素晴らしいものだったそうです。
L1090586
今年、歯周病専門医を所得された鄭先生の症例発表は口腔内写真も美しく、流石にスマートでした。
次回は11月12日開催予定です。
  • Posted by sweden_dc
  • Comment(0)
  • 17:58 | Edit
  • ライブドアブログ
日比谷便り ~スウェーデンデンタルセンター オフィシャルブログ~